チャットレディの基礎知識

チャットレディは通勤と在宅、どっちが稼げる?【メリット・デメリット】

チャットレディを始めたいけど、在宅と通勤どちらを選べばいいかわからないという人も多いと思います。そこで今回は、在宅と通勤どちらが稼げるのか、それぞれのメリットやデメリットをまとめました。

チャットレディの働き方には「通勤」と「在宅」の2種類があります。その違いはというと、名前の通り通勤チャットレディとはオフィスやマンションの一室に事務所があり、そこに通ってお仕事をします。

事務所の中とはいえ、完全個室の部屋が完備されている場合が多いので、他の人の目を気にすることなく仕事もでき、プライバシーも守られているので安心ですよ。

通勤チャットレディの場合だと、チャットレディ代理店に契約する形となる場合が多いです。

反対に在宅チャットレディとは、自宅で自分のスマホやパソコンなどを使ってお仕事をしていきます。

在宅チャットレディの場合だとチャットレディ代理店に契約する形と直接契約の2つのパターンがあります。

これからチャットレディのお仕事を始めようと考えた時にどちらのスタイルを選べばいいか迷いますよね。

そこで、これから分かりやすくそれぞれのメリットとデメリットをまとめていくので、自分に合ったスタイルはどちらなのか見つけてみてくださいね。

通勤チャットレディのメリット・デメリット

通勤チャットレディのメリット

家族バレしにくい

他のお仕事と同様に事務所などに通勤して仕事を行うので、チャットレディの仕事をしていることが家族にバレにくいです。

また家族だけでなく、普通のオフィスビルの一室などに事務所はあるので通りかかった人とかにでもパッと見でチャットレディをしていることに気付かれる心配もないので、堂々と事務所に出入りもできます。

すぐに働ける環境が揃っている

チャットレディのお仕事に必要な機材は全て事務所に揃っています。
配信用のカメラなども完備なので、自分で買い揃える必要がなく、すぐにお仕事が始められるので、初心者の方でも気軽に始めることができますよ。

スタッフのサポート体制が整っている

事務所内にはスタッフの方が常駐しているので、分からないことや困ったことが起きたらサポートを受けることができます。
また、会社にバレないように副業で働きたかったり、確定申告で分からないことが出てきた時などに税理士がアドバイスをしてくれるので、とっても心強いです。

身バレ防止になる

自宅でチャットレディをする場合、背景に映り込んでしまう情報から住所を特定されてしまうといったトラブルが起こることがあります。
特定する人は本当に些細な情報を拾って、まるで探偵のように突き止めてしまうので自宅で配信を行う場合は慎重にならなければいけません。

ですが、事務所で配信を行う場合は、身バレ対策などしっかり整った環境を使用することができるので安心してお仕事をすることができるのです。

通勤チャットレディのデメリット

在宅よりも報酬が少ない

実は、通勤の場合だと設備管理費などの兼ね合いからか在宅よりも低めに報酬率が設定されていることが多いのです。

お客さんが払ってくれた金額のうちの40%ぐらいが通勤のチャットレディの平均報酬率となりますが、在宅の場合だと50%ぐらいが平均です。

10%の違いが積み重なると、かなり受け取れる報酬も変わってくるので、通勤でも在宅でもどちらでもいいという場合だと在宅を選ぶチャットレディの方もいます。

通勤する手間が掛かる

交通費は支給してくれる会社が多いですが、通勤する手間は掛かります。
通勤するのが苦じゃない方なら問題ありませんが、移動時間がもったいないと感じる方もいるようです。

個室が満室だと仕事が出来ない

チャットレディとして使える個室には限りがあります。
自分が働きたい時間に他のチャットレディと重なってしまうと、個室が全て満室となってしまっていて、せっかく通勤してきても使えなくなってしまうこともあります。

個室が使えなければ仕事ができないので無駄足となってしまうリスクがあることも知っておかなければいけません。

在宅チャットレディのメリット・デメリット

在宅チャットレディのメリット

通勤よりも報酬が高い

先程お伝えしたように、通勤よりも在宅の方が報酬が高い場合が多いです。
受け取れる報酬は高い方がいいに決まっているので、お得さで選ぶなら在宅ということになります。

自分のタイミングで仕事ができる

在宅の場合、シフトなどが決まっているわけではなく、働きたいと思った自分のタイミングで仕事を開始することができます。
数時間のまとまった時間が取れなくても、日常の隙間時間に待機することも可能なので、自分のスケジュールに合わせていつでも仕事ができるので働きやすいです。

人間関係の煩わしさがない

チャットレディのお仕事をする女性の中には人間関係を築くのが苦手という方も少なくありません。
在宅の場合、スタッフや他のチャットレディとコミュニケーションを取る必要はないため、人間関係の煩わしさを味わう必要がなくストレスフリーで働けますよ。

在宅チャットレディのデメリット

自分で仕事環境を整える必要がある

在宅の場合、通信に必要な機材を全て1人で揃える必要があります。
そんなに難しいものではありませんが、通信に映り込んでもいい背景作りなど意外と手間が掛かるので面倒に感じる方も多いでしょう。

家族が家にいる時間は仕事が出来ない

基本的にはチャットレディをしていることを家族には知られたくない方が多いのではないでしょうか。
その為、土日など自宅に家族がいる時は仕事がしたくてもできない場合があります。
仕事をしたいタイミングでも家族の都合でできないことがあるのはデメリットとなるでしょう。

時間管理を自分でするためサボっちゃうことも

在宅の場合、自分で時間管理をするためついついサボりがちになってしまうこともあります。
通勤で個室に入ってしまえば仕事モードのスイッチが入りますが、自宅だと生活の延長線上の為モチベーションを維持するのが難しい課題となります。

チャットレディは通勤と在宅、どっちが稼げる?まとめ

通勤や在宅、それぞれにメリット・デメリットがあります。

どんな風に稼ぎたいかといったライフスタイルや、家族構成によっても働き方は異なってくると思うので、どちらがいいとは一概には言えないでしょう。

ガンガン稼ぎたい!という方はサポート体制の整っている通勤で働くのもいいし、隙間時間でちょこちょこ稼ぎしたいという時間にゆとりのない方は在宅の方が向いていますよね。

1番大切なのは、自分にとって働きやすい環境をどう整えていくかだと思います。

長続きする環境じゃないと、報酬へと繋げていくこともできないので、無理なく快適に働けそうなスタイルを見つけていってくださいね。

  

\ 現役チャトレに人気のサイトBEST3はこちら /

-チャットレディの基礎知識

© 2020 チャットレディおすすめランキング【元チャトレのおすすめサイトはココ!】